川崎総合法律事務所

事務所報アーカイブ

現在の場所: ホーム > 事務所報アーカイブ > あおい空第14号


自己紹介

米積 直樹 (弁護士)

米積 直樹

 初めまして。本年1月より川崎総合法律事務所に勤務しております,弁護士の米積(よねづみ)直樹と申します。慶応義塾大学法学部法律学科を卒業後,法政大学法科大学院を経て,一昨年に新司法試験に合格し,昨年12月に弁護士登録いたしました。

 当事務所に入所するきっかけは,司法修習の弁護士修習において,本田正男先生に指導を担当いただいたことになります。修習時代から,高柳馨先生をはじめとする弁護士の先生方や,事務局のみなさんにご指導,ご助言を頂いており,その場所で幼いころからの夢であった弁護士としての第1歩を踏み出せたことを嬉しく思っております。 弁護士としての資格を手にしたとは言え,日々の業務の中で困難にぶつかることも多いのですが,事務所の皆さんに助けて頂きながら,一つ一つの事件に真摯に取り組んでいきたいと思っております。

 川崎という街は,急速に開発が進む一方で,昔からの雰囲気も色濃く残しており,その混沌としたところが魅力であると私は思っております。その混沌の中から生じる市民生活上のトラブルを解消し,川崎に住む皆さんに貢献できる弁護士となるべく,日々研鑽を積んでまいりたいと思います。

 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

前の記事へ 次の記事へ
  
事務所報インデックスへこの弁護士の記事一覧