川崎総合法律事務所

事務所報アーカイブ

現在の場所: ホーム > 事務所報アーカイブ > あおい空第19号


弁護修習を通して

野口 沙里 (修習生)

 本田先生のもとで6月7月及び10月11月に修習をさせていただき、多くの訴訟・調停並びに打ち合わせに同席することに加え、試行面会への立会や様々な委員会活動・調停委員研鑽会等にも出席し、多種多様な弁護士業務に触れる機会を得ました。その中で、一人一人の思いに真摯に向き合い、それぞれの感情を理解して汲み取ろうとする姿勢が、非常に大切であることを実感しました。忙しい中でも時間を取って打ち合わせを重ね、更に突然の電話にも対応して依頼者の不安を取り除こうとしている姿が印象的でした。

 同事務所の他の先生方にもお忙しい中事件を見せていただき、また様々なお話を聞く機会を設けていただくとともに、事務員の方々も優しく声を掛けて下さいました。本当にありがとうございました。

前の記事へ 次の記事へ
  
事務所報インデックスへこの弁護士の記事一覧